<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イタリア プーリア州の旅 アルベロベッロ

レッチェに2泊した後、電車でアルベロベッロに移動しました。(6月1日)
c0176527_10480569.jpg
9:50発のSUD EST線。定刻通りに出発~。レトロな車両でエアコンがついていません。
c0176527_10483543.jpg
窓から見えるのはぶどう畑とオリーブ畑。
アルベロベッロに近づくにつて、車窓からトゥルッロを見かけるようになってきました。
アルベロベッロだけじゃなく、他の街にもトゥルッロはあるんですよ。

マルティーナ・フランカに12:34に到着。
ここで一度乗り換えて、アルベロベッロに向かいます。
本数が少なく、乗継の待ち時間も長いので、結構時間がかかります。
マルティーナ・フランカ発は13:16です。ここからアルベロベッロまで2駅17分という距離です。
乗継ついでにマルティーナ・フランカの観光をしたいと考えていたのですが、スーツケースを預けるようなところがないことがわかっていたので、効率は悪いのですが一度アルベロベッロまで行ってから出直すことにしました。

マルティーナ・フランカからの電車でお向かいに座った女子高校生と話をしたのですが、彼女はアルベロベッロの有名なお土産屋さんのお孫さんでした。
おばあさん(マリアさん)は何度も日本(姉妹都市の白川郷)に来られているちょっとした有名人です。
私も何度もテレビで見たことがあったので、その話で盛り上がりました。
檀れいさんがお店に来た時の話を聞かせてくれました。私もそのテレビ観てたよー♪

プーリアの学生さん(女性)はきさくですごく話しかけてくれます。
他の場所でもたくさんの学生さんと話をしましたが、みなさんとても親切に色々なことを教えてくださいました。
感謝です!


駅から今回の宿泊先「トゥルッロ ナタリー」へ向かいます。
スーツケースを引いて5分ぐらいで到着しましたが、宿のご主人が来られていなかったので
電話で「もう着きました~」と連絡をすると3分で来てくださいました。
通話ができるタイプのSIMカードを買っておいて良かった~。

c0176527_10541244.jpg
宿は新市街にあるトゥルッロです。
周辺にもトゥルッロがたくさんありますが、お土産街ではなく普通に人々が今も暮らしている街なのでとても静かです。
c0176527_10545884.jpg
部屋の中は、こんな感じです。
キッチン付きで
c0176527_10552511.jpg
ベッドルームが1階に1つ、
c0176527_10560081.jpg
他に2階に2つあり、5人で宿泊できる部屋です。
c0176527_10563996.jpg
天井を見上げるとこんな感じです。
トゥルッロに宿泊できるなんて嬉しい♪
外はとても暑いのですが、中はひんやりしています。

宿から数分歩くと、アルベロベッロで一番大きなメディチ教会が見えてきます。
c0176527_10580273.jpg
この教会の左横を少し奥に入ると、
c0176527_10584586.jpg
アルベロベッロで一番大きなトゥルッロ「ソヴラーノ」に到着します。
ここは今は博物館のようになっています。

とりあえずポポロ広場に向かいます。
アルベロベッロは思っていたイメージと違って、とてもにぎやかで都会でした。
もっと田舎でひっそりとした街なのかと思っていましたが、アルベロベッロはとても明るいイメージの街です。
c0176527_11011937.jpg
広場に面している教会横の展望スペースからトゥルッリ群を眺めることができます。
こっちはお土産屋さんがたくさんあるリオーネ・モンティ地区です。
昼間歩くとわんさか人がいます。
c0176527_11030556.jpg
誰もいない街並みを撮影するなら、早朝がいいですね。
c0176527_11034473.jpg
アルベロベッロにはもう1つトゥルッリ群があり、こちらのアイア・ピッコラ地区は
c0176527_11043982.jpg
普通に人々が住居として使用しているのでとても静かです。
c0176527_11050703.jpg
猫ちゃんもたくさんいました。
c0176527_11053161.jpg
リオーネ・モンティ地区のお土産屋さんに行った時に、屋上テラスに上がらせてもらう機会がありました。
トゥルッリの屋根が間近で見られますよー。
c0176527_11064740.jpg
c0176527_11070670.jpg
結婚式後に撮影をしているカップルを見かけました。
c0176527_11074393.jpg
素敵な場所での撮影、いいですね!お幸せに♪
c0176527_11080779.jpg
参列者もバシッと決めています。
イタリアでは明るいブルーのスーツが流行っているようでした。イタリアの男性ってスーツがよく似合う♡

c0176527_11100465.jpg
今回の宿は朝食がついていないので、チーズ屋さん「Latte e Fieno」に行ってプーリア名物の「ブッラータチーズ」を買いました。
このチーズがすごく好きなのですが、日本で買うと1つ1000円ぐらいするのでたまにしか買えない。
でもこっちでは1ユーロちょっとなんですよ!!
あぁ、もう日本じゃ買えないな。

c0176527_11124587.jpg
c0176527_11125857.jpg
夕食は、Favole in Tavoleでエビのパスタと、プーリア名物のいんげん豆のピューレ、チコリ添え、グリル野菜をオーダーして2人でシェアして食べました。
c0176527_11140522.jpg
アルベロベッロでは2泊したのですが、日帰りで初日にマルティーナ・フランカ、2日目にロコロトンドへ行ってきました。
日帰りでアルベロベッロに行くのはもったいない。ぜひ宿泊して朝、昼、夜のアルベロベッロを見てほしいです。

ちなみに トゥルッロは単数形、複数形がトゥルッリです。


宿の予約はいつもbooking.com(←クリック)を利用しています。
今紹介キャンペーンをやっていて、予約&宿泊で2000円プレゼントされるそうです。
よろしければこちらから会員登録、予約してくださいね~。


Bonbon Fleur (ボンボン・フルール) (online shop)http://bonbonfleur.jimdo.com/
c0176527_21303862.jpg

[PR]
by bonbonfleur | 2017-07-12 11:15 | 旅 イタリア | Comments(0)

臨時ショップオープンのお知らせ

休業期間中も七五三や成人式髪飾りのお問い合わせをたくさんいただきましてありがとうございました。

ご要望の多い、七五三と成人式髪飾りを一部だけですが販売させていただくことにいたしました。
臨時ショップなのでセミオーダー制作はできません。
HPの「臨時ショップ」のページに掲載している商品のみの取扱いとなりますので宜しくお願いいたします。
※商品は北海道からの発送となります。

ボンボン・フルール





Bonbon Fleur (ボンボン・フルール) (online shop)http://bonbonfleur.jimdo.com/
c0176527_21303862.jpg

[PR]
by bonbonfleur | 2017-07-08 10:40 | お知らせ | Comments(0)

イタリア プーリア州の旅 オストゥーニ②

前回からの続き、オストゥーニ。
旧市街のゆるやかな坂道=カテドラーレ通りを歩いて大聖堂方面へ向かいます。

c0176527_20373533.jpg
道の両サイドにはオリーブオイル店や民芸品などのお土産店が並んでいます。
※オリーブオイルを買ったのですが、同じオイルがアルベロベッロにも売っていてアルベロベッロの方が安かったです。
c0176527_20383681.jpg
サン・ヴィート・マルティーレ教会が左手に見えてきました。
お腹も少し空いてきたし、暑いのでランチをいただくためにレストランへ入りました。
サン・ヴィート・マルティーレ教会のすぐ近くにある「Osteria Mounacelle」に入りました。
ここは英語メニューもありました。
c0176527_20421730.jpg
オレキエッテというプーリアのパスタと
c0176527_20424479.jpg
マグロのステーキをオーダーして二人で食べました。

オレキエッテは耳たぶの形をしたプーリア州のパスタです。
マグロのステーキがおいしかったな~。

デザートはティラミス。
c0176527_20440479.jpg
店内もトイレもきれいで、なかなか良い店でした。
スマホの充電もさせてもらえました。

ここを出てカテドラーレ通りを歩くと、あっという間に大聖堂に到着~。
c0176527_20473109.jpg
c0176527_20474654.jpg
大聖堂を見学したあとは、白い街の中を地図を見ずに適当に歩いてみました。
大聖堂の向かいにあるアーチは「スコッパのアーチ」。左右の建物をつなぐ渡り廊下です。
c0176527_20483076.jpg
こんなアーチが街の中にたくさんあります。アーチ越しに見える街並みが好きです。
c0176527_20485862.jpg
白い街に鮮やかな花がよく似合います。きれいだな~。
c0176527_20493545.jpg
ジャスミンでいっぱいのカフェ入口。良い香りでした。
c0176527_20500139.jpg
この日もすごく暑かったので(5/31)、市庁舎前の広場でグラニタを食べてからバス停に向かったのですが、
観光案内所で教えてもらったバスの時刻というのは、そのバスが一番最初のバス停を出発する時刻だということがバスを待っている間にわかりました。
日本のようにバス停ごとの細かい時刻表なんてないんですね。
バス停にも最初のバス停を出発する時間と駅に到着する時間しか書いてありませんのでご注意ください。

<オストゥーニ駅情報>
17時頃オストゥーニ駅に着いたのですが、窓口は閉まっていて、トイレも使えなくなっていました。
トイレは昼間は無料で使用できました。(便座なしトイレです)
チケットは販売機で購入できます。
駅にはエスカレーターやエレベーターはありません。
ロッカーはありません。
バールが1軒あります。
タクシー乗り場はありますが、行きに1台見ただけでした。

白い迷宮の街、オストゥーニは本当に素敵な街でした。
ぜひ晴れた日に立ち寄ってみてください。

宿の予約はいつもbooking.com(←クリック)を利用しています。
今紹介キャンペーンをやっていて、予約&宿泊で2000円プレゼントされるそうです。
よろしければこちらから会員登録、予約してくださいね~。


Bonbon Fleur (ボンボン・フルール) (online shop)http://bonbonfleur.jimdo.com/
c0176527_21303862.jpg

[PR]
by bonbonfleur | 2017-07-06 21:02 | 旅 イタリア | Comments(0)

イタリア プーリア州の旅 オストゥーニ①

レッチェ2日目の5月31日。

レッチェから日帰りで白い迷宮の街オストゥーニへ行ってきました。
10時ちょうど発の電車で約50分の旅です。チケットは片道5.6ユーロ。
1つ前の電車は8:10発とちょっと早い。10時の次は10:40発。電車の本数が少ないのがプーリアの特徴です。
c0176527_09235290.jpg
窓口で往復の切符を買って(クレジットカードが使えました)、乗車前に忘れずに刻印をします。
c0176527_09234109.jpg
車窓からはどこまでも続くオリーブ畑とぶどう畑。見ていて飽きません。

オストゥーニ駅から旧市街まではバスで移動するのですが、事前に調べた情報では「電車に合わせてバスが発車する」とだけ聞いていたのですが、
ちっともバスが来ません。
電車が2分ぐらい遅れたので「まさか、もう出たの??」と心配になったのですが、バス停には私より先に待っている人が10名弱います。
おかしいなと思い、貼られていた時刻表をチェックしてみると、私たちの到着電車にはなぜかバスが連動していなかったようです。
c0176527_09275476.jpg
こちらが時刻表。(これからオストゥーニに行かれる方はご参考になさってくださいね)
電車は10:50頃到着したのですが、その部分の時刻表が真っ白になってます。以前は走っていたのかな?
結局11:35発のバスに乗ることになり、待っていたスペイン人達は大ブーイング。
こんなことなら、もう1本遅い10:40発の電車で良かったじゃん!

※ちなみに駅にタクシーは1台だけいましたが、乗客を乗せて行ったあと11:35まで戻ってきませんでした。

到着した小さな小さなバスに乗りこみ、旧市街へ向かいました。
c0176527_09344640.jpg
バスのチケットは駅にあるBARで購入します。0.9ユーロ。
チケットがない場合、車内で支払うと料金が少し高くなるという日本にはないシステムです。

c0176527_09370682.jpg
リベルタ広場で降ります。
賑やかな場所で、右手に市庁舎、前方にサントロンツォ像が見えるのですぐにわかると思います。
c0176527_09391137.jpg
とりあえず帰りのバス停の場所を聞いておこうと思い、市庁舎にあるインフォメーションを尋ねました。
無料の地図をいただいて、バス停を教えていただきました。時刻表も見せてもらえたのでデジカメで撮影しておきました。
帰りのバス停は降りたところとは離れていて、もっと先にありますので注意してくださいね。

オストゥーニはぜひ街の遠景を撮影したいと思っていたので、旧市街へ行きたい気持ちを抑えて、バスが走っていった方向に向かって歩いていきます。
途中で1本道を間違えてしまったのですが、そのおかげで可愛い雑貨屋さん「ROSA CREAZIONI」に出会うことができました。
プーリアでは午後から夕方までシエスタをとるお店が多いので、お店が開いているうちに気になるお店には入っておいた方がいい!
c0176527_09471971.jpg
c0176527_09473897.jpg
アーティチョーク型のオブジェを1つ買いました。
プーリアではベランダのフェンスの角っこに飾られていることが多く、幸せのシンボルなんだそうです。
迷いましたが、シャビーな色合いのベージュを選んでみました。

ひと昔前はイタリアの雑貨というとALESSIのようなビビットカラーの雑貨ばかりというイメージでしたが、
最近は違ってきたように思います。
他にもたくさん欲しい雑貨がありましたが、荷物になるので1つだけで我慢我慢。

買い物を終えて、正しい道に戻り少し歩くと展望台がいくつか出てきました。
c0176527_09573719.jpg
白く浮かぶ真っ白な街が見えてきました。これが見たかったんです~!素敵!!
笹倉鉄平さんの作品「オストゥーニ(←CLICK)」を見た時から、いつかここに行ってみたいと思っていました。

旧市街の反対側を見ると、
c0176527_10011620.jpg
眼下には広大なオリーブ畑が広がっています。
素晴らしい風景にレッチェにいる時よりテンションが上がります♪思っていた以上に良い街だ!
夫も気に入ったみたい。

さて、いよいよ旧市街へ行ってみることにします。


宿の予約はいつもbooking.com(←クリック)を利用しています。
今紹介キャンペーンをやっていて、予約&宿泊で2000円プレゼントされるそうです。
よろしければこちらから会員登録、予約してくださいね~。



Bonbon Fleur (ボンボン・フルール) (online shop)http://bonbonfleur.jimdo.com/
只今お休みをいただいております。間もなく七五三髪飾りと成人式髪飾りの限定販売をおこなわせていただく予定です。
c0176527_21303862.jpg

[PR]
by bonbonfleur | 2017-07-03 10:02 | 旅 イタリア | Comments(0)

大好きな花や日々の楽しいできごとを中心に綴っています。愛知県在住。


by bonbonfleur
プロフィールを見る