カテゴリ:旅 アジア( 2 )

マカオへ

c0176527_17181898.jpg

お休みをいただいて、マカオへ行ってきました。
c0176527_22090838.jpg

香港観光はせず、空港から船で直接マカオに入りました。
船は揺れると聞いていたので念のため酔い止め薬を飲んでおきましたが、
思ったほど揺れることもなく無事に到着。

ホテルまではホテル行きの無料のバスが出ているので便利です。

昼間の気温は23℃で、外歩きは長袖のワンピース1枚でちょうど良いくらい。
結構日射しが強くて暑く感じることもありました。
乗物の中や建物の中はエアコンがきいて冷えるので、薄い上着を1枚羽織ればOKです。

私の生まれて初めての海外旅行は20歳の時の「香港&マカオ」でした。
それ以来の久~~~しぶり(!)のマカオです。
(前回は団体旅行で連れて行かれたので、聖ポール寺院のこととカジノのことしか記憶がありません。)

マカオはアジアとヨーロッパが混在したような街です。
c0176527_17534065.jpg

c0176527_17535338.jpg


ポルトガルの植民地だったこともあり、アズレージョ(タイル)の案内があったり、
リスボンの街並みそっくりな場所があったりします。
c0176527_1756125.jpg




そして、マカオにはパンダが2頭いるんですよ!
c0176527_17223011.jpg

パンダ館の入園料はなんと 120円!
お客さんも10人ぐらいしかいなかったので、ゆっくり見学することができました。
c0176527_17393649.jpg

パンダ好きにはおススメの場所です。
なかなか立派な施設でしたよ。

c0176527_1740309.jpg

ホテルはコタイ地区のコンラッドを利用しました。
c0176527_1748565.jpg

c0176527_17492114.jpg

ホテルの朝食には、マカオらしく「エッグタルト」があってテンションアップ!
c0176527_1749547.jpg

点心、お粥、パンがおいしかったです。
生ジュースの種類も豊富で、キーウィジュースやスイカジュースもありましたよ。

お向かいのベネチアンでは、プロジェクションマッピングをやっていました。
c0176527_17505092.jpg

このあたりはまるでラスベガスのような雰囲気です。

今回の旅行で一番おいしかったのは、マカオ半島南部にあるポルトガル料理店「A Lorcha」でした。
バラ広場を出てそのまま右に歩いていくとすぐ右手にあります。
c0176527_928488.jpg

タコライスや海老料理、いわしのグリルなどハズレなしです!


Bonbon Fleur (ボンボン・フルール) :コサージュ&プリザーブドフラワー
c0176527_21303862.jpghttp://bonbonfleur.jimdo.com/


お休みをいただいていた期間中にいただいたご注文へのメール返信は全て完了いたしました。
メールをご確認いただきましたら、折り返し「お振込予定日」のご連絡をお願いいたします。

[PR]
by bonbonfleur | 2013-12-06 17:29 | 旅 アジア | Comments(0)

タイ バンコクへ

c0176527_2358348.jpg


暑い暑いタイへ行ってきました。

というのも、今回のイタリア旅行はタイ航空を利用したのですが、トランジットの時間がかなり長かったので(約9時間)、タクシーでバンコクの街まで出て行きました。

まず向かったのはワットポー。
大寝釈迦仏を見に行ってきました。
ここにたどり着くまでに危うく人にだまされるところでした。
というのも、「ワットポー」と指定したのに、少し北の王宮のさらに北あたりでタクシーを降ろされてしまいキョロキョロとワットポーを探していると英語で話しかけてくる笑顔の男性が。

「どこに行くの?」
ワットポーに行こうと思って。」
「今何時?」
えっと。5時10分です
「あー、残念~!ワットポーは5時で閉まるんだよ。王宮は4時で閉まるし、ちょっと北の●●Mは4時でクローズだよ。あぁ、残念だったね~」
えー!!そうなんですか?じゃあ、今からチャイナタウンにでも行ってみます
「チャイナタウンは夜9時からしかお店が開かないんだよ。まだ4時間もあるよ。どうするの?じゃあいいところを教えてあげる。地図を出して!
ここに行けばポロシャツやTシャツなどのお土産品が30%オフで買えるよ。トゥクトゥクに乗れば40バーツで行けるからぜひ行ってみて。近くにおいしい店もたくさんあるいいところだよ。」
そうですか。わかりました。ありがとう!」

全く買い物をするつもりはなかったので、とりあえずお礼を言ってその男性が立ち去ってからプランを立て直そうと思っていたのですが、夫が「怪しいよ。ガイドブックには6時までって書いてあったからとりあえず行こう!」と言い、そのまま直進しようとすると、
「NO! NO! NO!もう閉まっているか行っても無駄だ!」
「わかりました。でも行ってみます」
「NO! NO! NO!もう閉まっている!お店は逆方向だよ!そっちに行ったって何もない!」
と大声で執拗に叫ぶのでますます怪しい。

無視して振り切ってワットポーに向かったら・・・。
ちゃ~んと開いていました。
c0176527_0182037.jpg


後でガイドブックを読んだら、こんな風に客を呼び込む詐欺が多いんだそうです。

向こうから話しかけてくる人には気をつけましょう!


大寝釈迦仏。大きかったです!すごい迫力。
タクシーに乗って見に来た甲斐がありました。
しかし、バンコクは暑い!+ものすごい湿気で、この気候は私には厳しかったです。

夕食はチャイナタウンで「プーパッポンカリー」を食べました。
c0176527_0225290.jpg

渡り蟹のカレー炒めです。
初めて食べましたが蟹好きの私たち夫婦のツボにはまる味でした。
あ~、また食べたくなってきちゃいました!名古屋でも食べられるお店あるのかな?
(先ほどの「チャイナタウンは9時から」というのももちろん嘘でした)

バンコクは大都会の近代的な街と、昔ながらのごちゃごちゃとした生活臭さのある下町とが同居している不思議な街でした。


タイ語はさっぱりわかりません。
英語もなかなか通じないし、タイの文字も全く読めない。
話している言葉はみんな「パピプペポ」に聞こえました。

再びタクシーで空港に戻り、マッサージルームへ直行しました。
以前、シンガポールで足裏マッサージを受けた時にあまりの痛さに懲りていたのですが、タイの足裏マッサージは痛気持ちよかったです。
おかげでイタリアに着いた時に脚もむくまず快調でした。
そして、1時間で1000円弱とその安さも魅力です。
[PR]
by bonbonfleur | 2009-10-31 23:12 | 旅 アジア

大好きな花や日々の楽しいできごとを中心に綴っています。愛知県在住。


by bonbonfleur
プロフィールを見る