シチリア島 タオルミーナ

c0176527_9113066.jpg

ラグーサからバスでカターニャへ向かいます。
ラグーサのバスターミナルまではタクシーで10ユーロ。
ホテルの方にお願いして呼んでいただきました。

バスターミナルのチケット売り場は早朝だったせいか閉まっていたので。
バス乗車時に運転手さんに料金を支払いました。
ラグーサ~カターニャの料金は7ユーロ。2時間弱で到着です。

カターニャからは初の鉄道でタオルミーナへ移動しました。

タオルミーナ駅からタオルミーナの町まではタクシーで移動(15ユーロ)。
タオルミーナの街は山の中腹にあります。

カターニャ駅でチケットを買うために窓口に並んだのですが、
海外は日本のようにチャッチャと進みません。驚くほど遅いです。
時間がない~!電車がもうすぐ出発する~!!と焦っていたら、心優しいイタリア人男性が
お先にどうぞ~と順番を譲ってくださいました。本当にあの時はありがとうございました。

シチリア島は交通の便が悪く、移動が大変でした。
ストの心配もつきまとっていて、いつも移動時はハラハラドキドキ。
個人旅行はこういった不安がつきものですが、
自分で好きなように時間が使える快適さを一度味わうと、
もう二度とツアーには参加したくないなと思ってしまいます。


c0176527_9253726.jpg

利用したプチホテルでは、番犬ならぬ大きな大きな番猫がいつもお出迎え。
勝手に「タロウ」と名付け「タロウ、ただいま~♪」と声をかけていました。

c0176527_9313756.jpg

タオルミーナは今まで滞在した町とは違って、海が近いリゾート地独特の明るさや
解放感のある町でした。
c0176527_9392961.jpg

映画「グラン・ブルー」の舞台になったイソラ・ベッラには、
ケーブルカー(往復3.5ユーロ)を利用すればすぐに行けます。
c0176527_9435057.jpg

日焼けを気にして帽子を被っているのは日本人ぐらいで、
イタリア人(ヨーロッパの人)はみんな太陽が大好き。

5月初めだというのに、みんな水着姿で楽しんでいました。(トップレスの女性も!)
きれいな海でしたよ。

c0176527_9563159.jpg

c0176527_9584537.jpg

c0176527_1012233.jpg

c0176527_1014619.jpg

このギリシャ劇場は、紀元前3世紀に造られたもので、いまだに現役です。
ここに今まで何人の人が訪れたのでしょうね。
歴史に思いを馳せながら歩きました。

c0176527_10201423.jpgタオルミーナは日射しが強くて暑いので、
冷たいグラニテが身体にしみておいしかったです。
BAM BARのグラニテは
果物を使ってその場で作ってくれるのですごくおいしいですよ。
御主人は少しだけ日本語が話せる陽気な男性です。

グラニテは3.5ユーロ。
メロンがおすすめです。



Bonbon Fleur (ボンボン・フルール) :長久手町
c0176527_21303862.jpghttp://bonbonfleur.jimdo.com/
[PR]
by bonbonfleur | 2008-05-03 09:15 | 旅 イタリア | Comments(0)

大好きな花や日々の楽しいできごとを中心に綴っています。愛知県在住。


by bonbonfleur
プロフィールを見る